サッカー少年番外編5

今回は、YouTubeで見ることのできる、80~90年代のサッカー少年動画をご紹介します。
いずれもSORAがアップロードしたものではありませんので、いつ公開終了してしまうかわかりません。
動画リンク切れの際はご容赦ください。

昭和のサッカー少年

maekazu37さまのチャンネルから。
昭和ということで1980年代と思いますが、詳細は不明です。山梨県での少年サッカー大会の放映のよう。
引きの映像を飛ばして寄りの映像のみ繋いでいるため試合の流れを楽しめる映像ではありませんが、やっぱりこの時代のユニフォームは少年たちによく似合ってかっこいい!と思わせてくれる貴重な映像です。

スポーツ大将 小学生大会

bunguさまのチャンネルから。「ビートたけしのスポーツ大将」1986年8月26日放映。
スタジオにもユニフォーム姿のサッカー少年たちがいっぱいいますが、後半には、少年チームによる試合と、勝った少年チームVS大人芸人チームの試合がたっぷり収録されていてとっても見応えがあります。
前半には低学年による陸上や水泳の対決も。
※下の動画は後半のサッカーから始まるように設定してあります。

ついでに、同チャンネルの【1987.01.20スポーツ大将】では、小学生の相撲の取組が見られます。

第11回全日本少年サッカー大会 石川県予選 決勝

t yoshidaさまのチャンネルから。(1)~(3)まで三部あります。
1987年6月21日に行われた、第11回全日本少年サッカー大会石川県予選の模様を放映した番組のよう。
古い録画ですが比較的映像がきれいです。しかも雨の中での試合。これは貴重な映像です!

 

丸大 オリンピックプレゼントCM

kumori31さまのチャンネルから。
ごく短い動画ですが、小学3、4年生くらい?の可愛いサッカー少年たちが。
CMにある応募期日の曜日から察するに、1987年かな?翌年のソウル五輪に向けたキャンペーンかと思います。

ミロカップ第2回世界少年サッカー大会

懐かしのシニアサッカーファンさまのチャンネルから。
動画を映したテレビ画面を撮影した動画、というのが非常に残念で仕方ありませんが、内容が貴重なものなのでご紹介。【サッカー少年029】に掲載している西条キャプテンくんの選手宣誓も見られます。
動画タイトルでは1987年となっていますが、第二回であれば1988年じゃないかな?
やはりカラーで、しかも動いている姿を見られるのは動画ならではの臨場感。内容も素晴らしいです。
……いや、お願いだからちゃんとキャプチャーしてほしい!キャプチャーカードなんて3千円くらいで買えるから!

東芝 釜本邦茂のサッカーレッスン

kumori31さまのチャンネルから。短い映像です。
コメントによると1991年に放映されたものらしいです。
サッカーマガジン誌の「東芝・釜本サッカー塾」連載は、SORAの知る限りでは1987年7月号~1991年9月号までなので、年代的にはそのあたりで合っていそうですね。

第9回ニッサングリーンカップ山梨県少年サッカー大会

t-furuyaさまのチャンネルから。
この大会は2020年度が第37回とのことなので、恐らく1992年?
引きの映像はやや見づらいですが、寄ると古い録画のわりに映像はとてもきれいです。
これも非常に貴重な映像だと思います。

余談をひとつ。この動画の中に、サッカーパンツの下にスパッツを着用している選手が何人か見られますが、SORAはこの「パンツの下にスパッツ」っていう文化、嫌いです…。ハーフパンツは百歩譲って許してもこれだけは許せん!めちゃめちゃかっこ悪いだろ…と思います。
あまりにみっともなさすぎるということになったのか、パンツからはみ出す長さやら色やらに規定が作られました、という記事をどこかで見ました。


 

今更ではありますが、管理人SORAがどうしてここまでサッカー少年に惹かれるのかは我ながらかなり謎です。
もちろん、他のスポーツ少年も大好きですが、ことサッカー少年に関しては好みのレベルが数段違っている気がします。90年代までの、という但し書きが付いてはしまいますが…。
そして、今回、参考用に動画の静止キャプチャを撮りながら新たに気付いたことがありました。どうやらSORAは、「青シャツ+白パンツ+白ソックス」の組み合わせにめっぽう弱いらしいw このタイプのユニを着たチームは気付かぬうちにたくさんスクショを撮ってしまうし、無意識に応援しちゃいますw
今回の動画の中では「スポーツ大将 小学生大会」や「第11回全日本少年サッカー大会 石川県予選 決勝」がそれに当たりますが、どちらも青シャツのチームが負けてしまったのが少々残念ですw
みなさんはどんな色のユニがお好きですか?

コメント

  1. Majestic 12 より:

    キラキラと輝く美しい世界がこれでもかと展開されている時代ですね。
    やっぱり昭和というのは偉大な時代だったのだなと思い知らされます。

    当時のユニフォームは本当に少年に似合う至高のデザインだと思います。
    むしろ「少年だからこそ似合う」と言えるのではないでしょうか?
    人生の中でほんのわずかの貴重な期間だからこそできる「特権的なファッション」として再評価できると思っています。
    個人的には「12歳まではベリーショート(1,2分丈)、15歳まではショート(3分丈)、15歳からはハーフ(4,5分丈)」と年代別に統一してもらいたいと思います。

    私も「パンツの下にスパッツ」には違和感を感じますね。
    やはりデザインバランスの崩れた見た目の悪さがあってカッコ悪いですね。
    それならせめて裾丈の長さを伸ばしたりして、全体のアンバランスな違和感を無くさないと・・・。

    「青シャツ+白パンツ+白ソックス」の組み合わせ、カッコいいですね!
    個人的には「赤シャツ+黒パンツ+白ソックス(または黒ソックス)」の組み合わせも好きですし、「白シャツ+黒パンツ+黒ソックス」も「青シャツ+青パンツ+青ソックス」もカッコいい!!

    近いうちに、ベリーショートボトムスのデザインが再び男子児童の被服・服飾文化として復興する日を楽しみにしています。

    いつも素敵な感動と美をありがとうございます!

    • SORA より:

      >Majestic 12さま
      いろんな色の組み合わせ、どれもかっこいいし可愛いですよね!
      こうしていろんな雑誌を見ていると、たまに「赤シャツ+緑パンツ+黄色ソックス」みたいな、「いやいや…さすがにそれはちょっとどうなの…」みたいなユニが出てきたりもしますが笑

      “ベリーショートボトムスのデザインが再び男子児童の被服・服飾文化として復興する日”、来るといいですよね!90年代も後半になると、ハーフパンツのチームとショートパンツのチームが一緒に写った写真なんかも見られるようになりますが、やっぱりどう見てもショートパンツのほうが少年たちにはよく似合います。少年たちの、とくにカモシカのようなきれいな脚には、サッカーならショートパンツ、水泳ならVタイプの競泳パンツがいちばんですね。

タイトルとURLをコピーしました